スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

8月, 2016の投稿を表示しています

角地の住宅

町中の角地の計画です。
角地の建物は否応なく町の中で存在感を示します「タバコ屋の角を曲がった突き当りの・・・」とか目印になったりします。
説明の付きやすい形で町並みを形成したいと思うところです。
角なだけに2面を人の目に晒されます。 住宅設計では生活にコミットした開口部の位置、建物の輪郭、駐車場も欲しいしと、 特に比較的狭小地では外観のコントロールに苦労します。
今回はあえて崩す、かなり崩すことを念頭に角地の提案としました。 崩すと決めたとき、中途半端がいけません。 「ずれたな」にならないように、室内の状況を鑑み作為的に崩すことにします。





コストを抑える垂木構造

屋根の形状で建物の佇まいが大きく左右されます
今回は垂木構造としてインテリアに垂木を表すデザインとしました
通常の梁と比較して幅の細い垂木で構成するのでシャープな印象に感じます
構造的には垂木+構造用合板の床構面として火打ち梁を不要にしました
余計な部材が空間に出てこないので
軒を低く設定して、落ち着いた勾配天井のインテリアとしています